コンテンツへスキップ

11月26日(金)

本日、3時間目に学習参観、学校評議員会を行いました。

学習参観では、密になることを配慮し、保護者の皆様には、各家庭1名、時間を地区ごとに前半、後半に分けて参観していただきました。

久しぶりの学習参観に、子供たちは緊張しながらも、集中して学習に取り組んでいました。

学校評議員会では、2名の学校評議員にご参加いただきました。始めに、校長より学校の現状をお伝えし、その後、学習を参観いただきました。質疑応答では、コロナ禍の学習状況や参観しての感想、登下校の様子などに関する質問やご意見をいただきました。

ご参加いただいた皆様、お忙しい中、ありがとうございました。

11月25日(木)

2年生は、市中央図書館職員の方による「わくわくブックトーク」に参加しました。

「AとB、どっちを選ぶ?」の参加型の絵本や大型絵本、映像による読み聞かせなど、いろいろな方法で絵本の楽しさやおもしろさを教えていただきました。

絵本は、子供から大人まで、見る人、読む人にたくさんの想像力や感動を与えてくれます。

ご家庭でも、お子さんと一緒に読書や絵本をお楽しみください。

 

11月22日(月)

4年生は、講師の方をお招きし、出前授業「下水道教室」を行いました。

各家庭の洗面所やトイレ、お風呂などで使って汚れた水の行方について考えました。

汚れた水は、下水処理場へ行き、ゴミをふるい落とした後、微生物が分解してくれていることを初めて知りました。他にも、マンホールの蓋はなぜ丸いのか、下水管の大きさはどれくらいかなど、今まで知らなかったことを映像や実物で教えていただきました。

講師の皆様、ありがとうございました。

11月19日(金)

学校医の先生をお招きし、学校保健委員会を開催しました。

テーマは「アウトメディアで健康アップ大作戦!」

「視力が取られた」「睡眠が取られた」「やさしい気持ちが取られた」と訴える3人の謎を3人の探偵が解明し、改善する方法を示す劇を、保健委員が演じました。

「アウトメディア」とは、ゲームやスマホ、端末などを使う時間をコントロールすること。アウトメディアで健康をアップするには、「目を休める」「使用時間を決める(1日2時間以内)」「寝る30分前にはメディアの使用を止める」ことが大切だと探偵役が教えてくれました。

学校医の先生からは、「メディアに自分が使われないように、小さいときから練習することで自分でコントロールできるようになることが大切」と教えていただきました。

今、メディアは学習用具の一つでもあります。

健康の鍵となる「運動」「睡眠」「食事」そして「アウトメディア」。

学校保健委員会を通して、多くの子供たちが、アウトメディアの大切さに気付きました。

来週から「健康ファミリー週間」が始まります。

今日学んだことを、ぜひ、実践しましょう!

11月19日(金)

秋晴れの下、ボールパークの外周をお借りし、2年ぶりとなる「千鳥チャレンジラン」を行いました。感染症対策をのため、前半1、4、6年、後半2、3、5年と2グループに分けて実施しました。

各学年とも、これまでの練習の成果を出しきろうと、全力でボールパークを駆け抜けていました。