コンテンツへスキップ

千鳥丘小学校に特別の先生に来ていただき授業をしていただきました。小勢公民館長の鎌谷さんから2年生が千鳥丘についての授業をしてもらいました。水道水との冷たさを体験しながら、この地域に豊富な伏流水についてお話を聞きました。また、千鳥丘地域の特色や歴史についても教えてもらいました。授業を受けて、この千鳥丘のことをますます好きになって、もっともっと知りたくなりました。

4年生は環境チャレンジ10の続きで、地球温暖化について今回も石崎さんから、クイズや写真などの資料をもとに分かりやすく教えていただきました。深刻な問題である地球温暖化について、自分のできることから始めないといけないなあと実感しました。授業していただいた2人の先生、どうもありがとうございました。

4年生が千鳥の森ビオトープや周辺の用水で生き物調査を行いました。駒方地区資源保全隊や県高岡農林振興センター、高岡市役所の方々に指導していただきながら、生態系や水の大切さについて学ぶために行っているものです。晴れたよい天候のもと、元気よく千鳥っ子は長靴を履いて用水やビオトープに入り、生き物を捕らえました。そして、どじょうやカワセミの他にも珍しいアカハライモリなど、たくさんの種類の生き物を捕まえて観察しました。自然に触れ、自然の大切さを感じ取った貴重な時間でした。
   

 

 

 

端末の入れ替えで、我が校にもタブレットPCが導入されました。そこでさっそく、4年生に体験してもらうことにしました。
さて、タブレットで何をしようかなあと迷いながら端末を起動していると、子供から、

「このカメラマークは。カメラが使えるんですよね。」
「ペンマークは、画面に落書きができるのかな。」
「付箋って、どうやって使うの?」
「発表って、何ができるの?」
「画面はペンでタッチしてもいいですか。」

おいおい、説明する前に使えそうじゃないか!と思ってしまいました。
子供たちは生まれた時からスマホやタブレットのある生活が当たり前なので、マウスとキーボードのPCよりも、タブレットの方が身近に感じるのかもしれません。とりあえず今日は、タブレットに慣れるのが目標だったのですが、「発表ノート」で、自己紹介プレゼンを全員が行うことまでできてしまいました。なかなか面白いツールです。

 今日の6時限目に今年度最終の委員会活動がありました。5時限目に引継ぎ式を行ったので、今日から委員会の司会は5年生が担当しました。そして、来年度委員会活動を始める4年生がグループごとに7つの委員会の活動教室を訪問して5分ほど話合いや活動の様子の見学を行いました。
4年生のみなさん、どの委員会でどんな活動をしたいでしょうか?