コンテンツへスキップ

 21日(金)から、秋の交通安全運動が始まりました。
学校でも、登下校中の交通安全意識の向上に取り組んでいます。登校班の班長が交通少年団の緑のスカーフを巻いて登校しているのと、「人波作戦」と称して、6年生が朝の校門前で幟旗やプレートを手にドライバーや歩行者に交通安全を呼びかける運動を行っています。
いたましい交通事故が少しでも減ればいいですね。

秋晴れの抜けるような青空の下、今日の1~4時限目に千鳥ウォークを行いました。今年は「笹川、宝来方面」に出かけました。地元のお寺さんや神社、運送会社、石材店などを見学しボールパークで遊んで、学校にゴールするコースです。
打ち合わせ会で決めた班の目当てをもとに、高学年の子供たちが低学年の子供たちをリードして目的地まで歩きました。途中で、地域に関するクイズを解いたり、スケッチをしたり、ボランティアとしてゴミ拾いや草むしりをしたりすることで、自分たちの校区の理解にもつながりました。
一緒に歩いてくださったボランティアの保護者の皆様、ありがとうございました。