コンテンツへスキップ

夏休みには先生方の研修会がさかんです。五位中、石堤小、東五位小、千鳥丘小の先生方が集まって合同研修会が開かれました。加茂五位中校長先生のあいさつの後、学びのスタンダード、外国語指導、安全指導の3つの分科会で、それぞれの学校の取組の様子や問題点について活発に話し合われました。小中一貫教育を目指して、子供たちのよりよい成長のための活動を推進させます。
   

1学期にさまざまな分野で活躍し受賞した千鳥っ子が、全校に紹介されました。ステージに立って校長先生から賞状を渡され、全校児童から拍手をもらいました。少し照れていましたが、なんだかいい気分のようでした。また、全国大会に出場する千鳥っ子に学校後援会から激励金が渡されました。全国でも、努力した成果を十分に発揮してほしいと思います。
 

1学期の終業式では、校長先生は「思いやり、あいさつ、時間」について、千鳥っ子が成長したところやこれから育ってほしいことをお話されました。また、生徒指導の先生から、夏休みを安全に過ごすために、地域の写真やイラストを示しながら「水・火・交通」で注意することを分かりやすく説明してもらいました。
 

また、1学期のがんばったことについて1・3・5年の代表児童がスピーチを行いました。そうじやあいさつの成長、授業で分かった・できた喜び、運動会から秋の連合音楽会への決意など、どのスピーチも心がこもっていて、聞いている千鳥っ子の胸にしみこんでいきました。

さあ、明日から待望の夏休みです。安全に過ごすとともに、いろんな体験を通して大きく成長してくれることを願っています。

10月9日の連合音楽会へ向けて、5年生が練習を行っています。「ARUKI☆DASOU」を合唱し、「リメンバーミイ」を演奏します。歌詞や曲の意味を大切にして、夏休み中も登校日に練習をがんばります。54人の心を一つに、すてきなハーモニーを創ろう。歩きだそう!第一歩♩

地区ごとに1学期の集団登校の反省と夏休みを安全を過ごすための話合いをしました。自分たちの行動をしっかり振り返ってよい夏休みを過ごそうと、たくさんの意見が出されました。その後、登校班ごとに集団下校しました。もうすぐ始まる夏休みを有意義に過ごすための準備が進められています。
   

 

2年1組をこまどり支援学校の友達が訪れ、交流学習を行いました。昨年、一緒に学校生活を送っていた友達ということで、子供たちは楽しみにしていました。授業では国語科のお話クイズをしたり、道徳科でお祭りについて考えたりしました。また、休み時間には仲よく踊ったり体育館で球技をしたりして、とても充実した交流になりました。また会おうね!そしてこれからも仲よくしようね!